VOICE

アクセスカウンタ

zoom RSS TERADA闘病記 第3回

<<   作成日時 : 2016/06/10 01:45   >>

トラックバック 0 / コメント 1

CANCER <雨上がりの夜空に風穴を>


人生初の入院から数日経った頃、改めて…唄に、ロックに救われたなって感じたりもしたね。

横文字の苦手な両親に頼み込んで、CDを部屋から取ってきてもらったりしてさ。

CDラックの、どの位置にあるかを図解解説して頼んでたわけさ。

いや〜両親からすれば、まったくもって迷惑千万な話だよね(笑)

本当ありがたかったっす。

前述したように、この時期は、RCサクセション、ストリ―トスライダ―スを聴いていた。

そういや、オレが中学生くらいの頃は、NHKでロックバンドのライブ映像も結構放送されていたんだ。

俗に言うバンドブ―ムって時代だね。

オレが惹きつけられたのは、バンドブ―ムの真っ只中にあっても、ブ―ムなんて、どこ吹く風とばかりの佇まいを醸しだしている、そんなバンドばかりだった。

RCサクセション、ストリ―トスライダ―スの、汐留PITでのジョイントライブなんかも放送されていたっけな。

音楽雑誌では、この2バンドを共に、「最強のロックバンド」と、形容されていることも多かった気がする。

最強と表現しているにも関わらず、1つではなく、はなっから2バンド選出している矛盾こそが、いわゆるナンバ―ワンでなく、オンリ―ワンに重きをおく、都合の良いロック的解釈と容認してもらうしかない(笑)、そういや、こんなライナ―ノ―トもあったよな。

「ベイベ―を連呼して様になる、日本のロックバンドは…RCサクセション、ストリ―トスライダ―スだけだ」完全に決め付け、思い込みかもしれないが、説得力充分です。

完全に言い切られちゃってますもんね。

力づくで押し倒されちゃったみたいなさ。

RCサクセションに興味を持ったのは、オレが中学生の頃。

原発問題を取り上げたアルバム、「COVERS」が発売中止になる問題があってね、清志郎は、以前からテレビでは観たことがあったんだけど、RCサクセションのVOCALとしてではなく、坂本龍一との、「い・け・な・い ル―ジュマジック」の、イメ―ジだったわけ。

だから自分の記憶の中の点と点が、やっとこさ繋がったときの嬉しさってのが、特別な思い入れになったりしてね。

オレが初めて買った、ロックバンドのCD、それは…RCサクセションだった。

ライブアルバム「コブラの悩み」これを最初に手にしたんだ。

前述の発売中止騒動の時期に行われたライブを収録した作品だったんだけど。

中学生の頃の担任に、このアルバムに収録されている、「アイ・シャル・ビー・リリースト」、「言論の自由」、この2曲の歌詞を、毎週提出を義務付けられていた日記帳に書いて提出したのを覚えている。

自分流に言葉を置き換え、アレンジして書き殴ったものをね。

担任は呆れ果てて、オレを変人呼ばわりしたね。

相当、頭にきたんだろうね。

もちろん、これには理由があってさ、わけのわからぬ身に覚えのない濡れ衣を着せたり、
不意のアクシデントで、教室のガラスを割ってしまったことを、謝ったにも関わらず、
「オマエは謝ることもせず、知らんフリしている」などと、あまりにもオポンチ(オバカ)発言の過ぎる聖職者でいらっしゃったもんでさ。

まぁ、ロッカ―志望の中学生としては、主張しなくちゃならない義務感みたいなもんもあったしね(笑)

もう一方の、ストリ―トスライダ―スは、夜ヒットこと、夜のヒットスタジオという、テレビ番組に出演していたのを、たまたま観たわけ。

確か小学生の高学年の頃だったかな…

司会者の質問に受け応え…一切なし。

まったく無反応。

いまでいう放送事故みたいな光景だったわけ。

「テレビを観ている、ファンの方にだけでも、ひとこと御願いします。」
確か司会者は、こんな言葉を投げかけていたような気がする。

VOCALが、「ボリュ―ムを上げてくださ〜い」と、しゃがれた声で、かったるそうに言い放った。

健全という言葉とは、全く対極に位置する風体に嫌悪感すら抱いていた。

この時、オレは決めたね。

ロックなんて聴くもんか、聴いてやるもんか。

ところが中学生になり、ジャストポップアップという、これまたテレビ番組で、連中を観てしまったわけさ。

そう ストリ―トスライダ―スを。

初めて観たときから数年を経て、気がつけばオレは完全に虜になってしまっていた。

しゃがれた声が、すんなり入り込んできた、あの気だるそうな独特の雰囲気も拍車が掛かったといっても過言ではない映像だったにも関わらず。

病室の、真っ白い シ―ツの上に 横たわったまま聴く、馴染みの曲達が、やけに新鮮に聴こえたのは何故なんだろう。

センチメンタル?そんな問題じゃなかろうに。
  
色褪せない楽曲は、もちろんのこと。

いまだ変わらない自分の一部分ってのを、時に誇らしく思うことがある。

単に、好みの話しだなんて、つれないことは言いっこなしだぜ〜。
画像

月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
オイラが初めてRED WARRIORSを見た時とすっげー似てる!最初に「ミュージックトマト」で「OUTSIDER」のMVを見た時は「ありがちな…」と思ったけど、その後夜ヒットで「CASINO DRIVE」を歌った時、ユカイが足を骨折していて松葉杖を振り回しながら歌っているのを見てブッ飛んだんだよな〜!
ねぎライダー
2016/06/11 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
TERADA闘病記 第3回 VOICE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる