VOICE

アクセスカウンタ

zoom RSS TERADA闘病記 第9回

<<   作成日時 : 2016/11/10 15:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転がせDESTINY < 戸惑いながらも口ずさむ 「反逆ノ歌」 >


転院後、約2週間で退院?
 
あらっ、計算外。

「ひとまず退院いただいて、手術までの期間は通院していただいて治療しましょうか」

そんな医師からの言葉に戸惑いながら、

「手術が終わるまで入院させていただけませんか?」と、オレ。

オレのリアクションに、医師も驚いていた様子だった。

てっきり手術が終わるまで入院生活だと思い込んでいたもんでさ、それなりに長期戦になっても大丈夫なように、楽しみ方を組み立てていたんだよね。

この本は、来週あたりから読み始めて、このCDは最低三日間は聴き続けようとかね。

正直、なんだか残念というか、複雑な気持ちだったな。

それと、やっぱり病院っていうのは大きな抑止力になるからね。

いろんな制約を自分の中で設けることによって、否が応でも、これまでの日常と距離を置くことが出来るわけだしね。

オレには、それが良いような気がしてたわけ。

オレが過ごしている場所から見えている、窓の外の世界は、すべてが希望に満ち溢れているようにも感じれたし、すべてが、ここ以上に楽しい世界だと思えたからさ。

いわゆる目標を掲げるというか、目的意識をもって、徐々に身体を仕上げて、日常に、ステ―ジに戻るんだっていう気持ちが自分の支えとして強くあったからね。

それと、これまで同様の生活でないにしろ、これまでと限りなく同じ環境に身を置く不安っていうのかな。

日常の暮らしのなかで、オレの体調だけが非日常になるわけだから、唐突に訪れるかもしれない、シリアスな精神状態なんかも不安の要因ではあったかな。

一時退院になる前日、SAを聴いていた。

フラットな状態で聴いているつもりが、やはりBGMになんて出来やしなかった。

なんとなく宙ぶらりんな気分で、いまいち戸惑いを払拭できずにいる、そんなオレの胸ぐらに掴みかかるような、オレを高ぶらせるには充分すぎるナンバ―、「反逆ノ歌」を、繰り返し再生した。

突き上げてきやがるぜ、まったくさ。

結局のところは、自分…なんだよな。

バランスを保つも崩すも、自分次第。

自分と向き合えるか否か。

自分に厳しくあれるか否か。

単刀直入に言うと、タバコが恋しくなる気持ちを排除しなくちゃならないってわけだ。

あとは、抗がん剤を投与することで、白血球が少なくなっていくから、外出のときは、マスクをつけないとってあたりね。

ちょっとした事なんだけどね。

自分の、いまに本気になるってことだよな。

それが、いつだって重要なんだろう。




転がせDESTINY < 日常的咆哮 B >


自分の欲しがる、明日とやらをイメージしてみる。

身勝手に思い描いた明日を、イメ―ジしてみる。

「いつか、良い機会があれば」そんな言葉で済ませたくない様々が、胸の中、頭の中、やはり、おとなしく、素直に黙っていてくれそうもない。

もちろん可能なこと、不可能なことのジャッジが必要なのは承知のうえだがね。

失敗?

結果が伴わないことを、そう呼ぶならば、おそらく失敗の連続(笑)

ありとあらゆることがね。

もしも後悔という傷跡を失敗と呼ぶならば、女以外は失敗なしだ(笑)

とりあえず可能なかぎり、トライしてきたつもり。

物事は考え方次第で違って見える。

プラスも、マイナスも。

ポジティブも、ネガティブも。

ヘドが出るほど考え込んで、自分がちっぽけだと思える瞬間に出会えたら、その瞬間が始まりだ。

イメ―ジしてみる。

そう、イメ―ジするんだ。

そいつは、オレの可能性、転がるオレのガソリンだ。

とはいえ…時にストレス、出口なし、あるはずないのに欲しがる答え。

修行は続くよ、どこまでも。

とにかく転がせ、手前の人生!




転がせDESTINY < 転がれ 転がせ ディスティニイ― >


途切れることもなく
脈打つ消えぬ思い
無愛想に時間だけ
あざけるように通り過ぎても…
繰り返す 日々の中で
光を見い出せなくて
ふさぎこみ投げ出して
悔しさ ごまかしていた
時代だとか
社会だとか
逃げ道を探しても…

転がせ ディスティニイ―
塗り変えちまえ自分で
オレタチと唄え
ハミ出し気味のメロディ―

矛盾だとか
妥協だとか
受け入れても結局…

転がせ ディスティニイ―
何度目でも始まりだぜ
闇 引き裂いて
待ちきれず 駆け出すエナジ―

オレタチと唄え
ハミ出し気味のメロディ―
タフに生き抜く メロディ―
転がせ 自分の、ディスティニイ―
画像

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TERADA闘病記 第9回 VOICE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる