VOICE

アクセスカウンタ

zoom RSS TERADA闘病記 第12回

<<   作成日時 : 2017/02/10 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

READY GO < 日常的咆哮C >


他人様からの評価は、他人様の評価や意見として、そいつを受け止められる、そんな器のデカさも欲しいもんだよな。

ただし、そいつを消化できるか否かは、これまた別問題。

時として、自分を評価してやる、そんな自分ってのも忘れないほうが良い。

時々、甘やかしてやっても良いんだってば。

ハ―ドル乗り越えたなら、ほめてやれば良いし、大いに喜べば良いんだって。

そのぶん、違う場面で、しゃかりきになって踏ん張らなきゃならない、そんなバランス感覚を心得てりゃ、なんにも問題ないんじゃないの。


READY GO < MY GLORY >


FUNGUS新作「DOMINATE」を、1ヵ月遅れで聴きつつ、ストレッチをする。

体調次第ってとこもあるが、とにかく、まずは自分の思い描く1週間のスケジュ―ルを組み立ててみる。

毎日、朝昼晩、約30分ずつのストレッチを試みる。

柔軟性や、脚力を、最低限キ―プしときたいものね。

半身浴も毎日実践だ。

運動不足になるのは仕方ないが、少しでも汗を出しておきたいのと、どうやら半身浴は腫瘍に対しても効果的だと聞くからな。

パソコンは、週に2回程度にしておこうかな。

生活パタ―ンを変えるつもりでいるからね。

それと唄の個人練習は、週に4日程度だな。

さすがに入院中、声を出していないわけだし不安だけどね。

すぐに調子が戻ると良いんだけど、あまり過剰になり過ぎない程度にしないとな。

その加減が難しいもんで困るってわけなんだけどさ。

こんな感じで、思いつくまま、大まかに、自分の週間スケジュ―ルを組み立ててみた。

なんせ決め事しとかないと、調子崩すと何もかもが、めんどうに思えてきそうでね。

あとは、どれだけ予定通りに行動できるかって事と、治療が進むにつれて、どんな副作用が起こるのか、体調の変化を自覚症状として捉えるのかってとこだな。

それにしても、FUNGUS新作は、ゴキゲンなアルバムだな。

ストレッチを続けながら聴いていたんだけれども、自然と身体が動いてしまうからね。

悪いわけがないってもんだ。

それにしても特に、こういうシチュエ―ションのとき、1枚のCDが持つ重要性が、普段と比べて格段に上がるね。

実際問題、オレ自身の収入が減っちゃうわけだからさ〜(笑)

バイトに行かないわけだから収入が減るとはいえ、有給休暇や、傷病手当という施しがあるのは、本当ありがたいね。

リアルに助かります。

しかしながら、はずれの音源なんて買ってる余裕ないもんね。

いやマジでさ。

音は…熱を奏で、光を放ち、希望を運ぶ。

音の原子が伝わり、宿り、それぞれの胸で花咲かす。 
画像

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TERADA闘病記 第12回 VOICE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる